*---ころん&ひなたのにっきちょう---*

マミーが産んだ毛深い子たちの育児日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

家族だったあの子達・・・。

ずっと 胸につかえてたこと どうしても あの子たちのこと 形として 日記に 書き残したかったので 書こうと思う。



アメブロの時も 何度 書こうと思ったか知れないけど 勇気がなくて なんか 書けなかったの。



重たくなるからね。



きっと 長いよ (・ิ-・ิა)



小学校の低学年の頃 秋田犬の 「みこ」が いました。



子犬の時 我が家の一員に なりました。



シルバー色の かっこかわいい みこ。



時が過ぎ おっきくなって たっちすると 大人の身長くらいになりました。



でかいけど 従順で 優しい 女の子。



お散歩は 大人の人と 一緒じゃないと 危ないので おじいちゃんと 行ってたんだけど それでも 見事に ひこずられてたっけ。



引越しする事になり みこは 両親の知り合いの ドッグトレーナーさんに 引き取られました。



小学生だったあたしは みこの 寂しそうな顔が いまでも 忘れられません。



ずっとずっと 見えなくなるまで こっちを見てました。



あたしも ずっとずっと みこが乗った トラックが 曲がり角を曲がるまで 見てました。



時が経ち あたしが高校生の頃 学校帰りの弟に さみしそうに ついてきた 雑種ちゃんを 弟が ひろって帰ってきました。



しばらくは 2階で こっそり 育ててました。



その子の名前は 「 ぺけ 」と 名づけました。



堂々と 育てたいので 弟に 「あたしに 任しとけっ!!」って 親に 打ち明けて お庭で育てることにしました。



そして ぺけが 赤ちゃんを 三匹 産みました。



二匹は すぐ 貰い手が 見つかりました。



残りの 一匹は 瀕死の状態で 生まれました。



小さすぎた為か 成犬になっても 両目が見えませんでした。



あたしは 生まれたこの 小さな小さな子に 「 みるく 」 と名づけました。



コットンに お湯を浸らせて 排泄を うながしたり  飲み物を 飲ませたり 面倒をみました。



数日が 過ぎて もう 大丈夫だと 思ったので ぺけに 返しました。



目が 見えないけど 庭の 感覚を覚えてゆき ぺけの 周りなら とことこと 歩けるようにまでなりました。



どこにでもあるような 普通の暮らしをしてました。



そこへ 悪魔が・・・



父方の祖母が 来ました。



祖父は 病院の院長で 祖母は 婦長でした。



祖母は 赤い錠剤のようなものを パラパラと 地面に 落としました。



ぺけは その祖母が おやつを くれたのだと 喜んで食べたらしいです。



ぺけは 毒殺されました。



祖母は 劇薬だって 扱える人です。



あたしは そんなことを もくろんでるとも知らず 2階にいました。



その時 天を つんざく悲鳴が 聞こえたんです。



晴れた夕方 その悲鳴が こだましました。



今でも あの 悲鳴が 耳に 心に残って 離れません。



このことは 二年前に 母から 知らされました。 そう、ころんが わが子になってから。



「 あなたも 大人だから 話すわね・・・。」 と。



だからか・・・やっと 謎が とけた。



さっきまで 元気だった ぺけが 悲鳴をあげて 倒れて死んだ・・・なんでだ!!って ずっと 思ってたから。



事の始まりは 母方の 祖母が ちょっと 愚痴っぽく 父方の祖母に 「 まったく 犬の世話を しないんだから・・・。」 とか 「どこでも う○こしちゃってぇぇ・・・。」 とかの その程度の 世間話をしたらしい。



それだけのことで 父方の祖母は 勝手に うちにやってきて 庭に入ってきて パラパラパラ・・・と 赤いものを・・・。



母も まさか 祖母がそのような事をするなんて 思ってなかったと 言ってました。



命の大切さ 尊さをよく 知ってるであろう 仕事柄の祖母が いとも簡単に ぺけの命を 奪った。



あたしは その話を聞いてから 祖母のお墓参り 行きません。



母は 「 ぺけが 苦しんだように おばあちゃんも 肺がんで 苦しみながら・・・だったね。」って 言ってた。



話は戻り  数年経ち あたしは 実家を 出てました。



実家は みるくを つれて また 引越しです。



新しい家は 塀で 囲まれてませんでした。



みるく 溺死しました。



目が見えない みるく は 勝手が 分かりません。



ぺけと 言う お母さんが いなくなったから 余計に どうしていいか 分からなかったはず。



みるくは 未熟児で生まれたせいか 成犬になっても ころんと 同じくらいの 大きさでしかありませんでした。



簡単に 首輪が 抜けたらしく 隣の 溝に 落ちてしまいました。



その 溝は 水深も浅く そこに 落ちただけじゃ 大丈夫なはず。



落ちて 目の見えない みるくは 起き上がり 溝の中を とことこと 歩いて 繋がってた大きな川に 落ちてしまったんだと 思う。



その川は みるくだったら 助からない。 



近所の おじさんが 「お宅の わんちゃんじゃないかね?」と 言ってきたそうです。



引っ越して すぐの出来事だった。



どうして おうちの中で 育ててあげれなかったの!!と 凄く 実家に居た人を うらみました。



みるくは 前の家の時は 首輪をせず 自由にさせてあげてたから 急に 首輪をされて いやだったのかな。



去年 ころんを つれて 「ぺけ と みるく」 が眠ってる場所に 手を 合わせに 行きました。



 虹の橋 で 母娘は じゃれあって 遊んでるかな?



みるくは おめめが 見えてるかな?



ころんは 時々 天井のあたりを じーーーっと 優しい目で 見てる事が あります。



あたしは 「 ぺけと みるくが 遊びに 来てくれたんかな? 」って よく ころんに お話してます。



寝るとき いまも 「 ぺけ みるく おやすみ 」 と 語りかけてます。



今度こそ 今度こそ ころんは 絶対 守る。



悲惨な過去があって ひとしお すごい力で そう思います。



ぺけも みるくも あたしの目が行き届いてないときに こんな目にあったの。



だから ころんは そんな目に 合わさせないよ。



ずっとずっと ついててやる。



片時も 目を離さない。



この 1ページに 「 みこ 」 と 「 ぺけ 」 と 「 みるく 」 を 書いた事で あたしの この 大きな いがいがした かたまりが ちょっと 小さくなったかな・・・?



「 みこ 」 も 「 ぺけ 」 も 「 みるく 」 も ちゃんと この世に 生を 受けて 生きてたんだよって 書き残したかったんだ。



家族だけじゃなく みーちゃんと ころんの お友達にも 「 いたんだよ 」って 知ってもらいたかったんだよ
スポンサーサイト

緊張・・・。

土曜日は パピーが お休みだったし ころんは 肛門様を 気にするし サロンへ 行ってきたよ。








「 肛門1番絞り 」と 「 肛門様の おけけカット 」と 「 爪切り 」と 「 肉球回りの おけけカット 」を したよ。


これで 肛門 スッキリ


手足も スッキリ


だけど ガラス窓の あちら側では 威勢よく 「わんわん」って 元気いっぱい 鳴いてる わんこちゃんがいて ころんと 先に カットを終えてた ちわわちゃんが ガクガク震えてたの。








この子も ころんも 怖がりさんね。


この ちわわちゃん 昔 「アイ○ル」の CMに 出てた くーちゃんに そっくり。


飼い主さんを じっと待ってるって スタッフさんが 言ってたっけ。



「早く 迎えに来てあげれば いいのに・・・こんなに ずっと 待ってんのにな・・・。飼い主さん 遊びに行ってんのかな?この子がいないのに 遊んで楽しい?」

とか 余計な想像したりして 勝手に ぶつくさ言ったりしてた。


老化って 言わないの~~~ ( 場ァェ場ァ)


みーちゃんちは 長時間 預けるなんて あたしも ころんも 寂しがるから あ、 パピーもか・・・・・・ こーして ころんを 待ってるのに。 



そのあとは 夕暮れを見ながら お散歩したんよ。







綺麗な パープルの夕暮れに シャッターチャンス


乙女な気持ち 満タンになった みーちゃんでしたの。

Kiss

今月は わたくし 自称 「乙女の日」 の 状態が 非常に辛かったわ。


カーテン越しの 明るい日差しで 目も開けらんないほどの 頭痛を お見舞いされちったぜ。


ころんは ずっと マミーに 寄り添ってくれました。


ころんも・・・







調子がいい時は こんな 元気な やんちゃガールに なってみたり








お腹が痛くて つらそうなお顔を してる時が あるね。


痛いも 悲しいも 楽しいも 嬉しいも ちゃあんと 教えてくれて ありがとっ。


ころんの 調子が悪いときは マミーに 任せて。


自分が具合悪いなんて 言っちゃあおられん!!


昨日は マミーが ころんに 甘えてみただけだから 安心せい


今日 お昼 パピーが いつものように ころんと お昼を食べてたんだけど


パピー  「そんなに食べたら うんちょ たくさん 出ちゃうぞぉ」


パピー  「どこから 出てくるかと 言いますと・・・」 って ころんの 肛門様に チュウを してた・・・。


ちっくしょーーー!! あたしが先に ころんにkissしようと思ってたのにぃぃぃ!!


奴に 越されちまったぜ!! ( ゚Д゚)ノ彡☆ギャノヽノヽノヽノヽ!! ノヾンノヾン!!

ころん 百面相?!

おはようございます。


ぽめちゃんて 夏よりは 冬に強いはず・・・と聞いてるのだけどぉ・・・・・・・


ころんは 寒いのも 苦手らしい。


四六時中 ずっと一緒に居て 室温管理 湿度調節してても それでも 胃腸障害を 起こしてしまいます( ゚∀゚)・∵ブハッ!!
 

吐いたり ゲリンコしたり お腹が痛くなって ずっと うずくまっちゃったり。  


「この子ったら・・・・・・この子ったら・・・・・・なんて 手のかかる かわいこちゃんなのぉぉぉ


そして ころんはと言うと









兄ちゃんに こんなこと されたり









兄ちゃんが あまりにも ベタベタするもんだから うっとーしてくて こんな お顔して怒っちゃったり









兄ちゃんと遊んで 疲れて寝ちゃったり ころんも いろいろと 忙しいんだね


そうそう、マミー おかしいんかなぁ?


あまりに ころんの存在が おっきすぎて ころんが 愛しくて ころんを 見てるだけで 涙が出ちゃうんだよ 


「涙腺が 弱くなったのは 老化のせいだよ」 って 言った人 こっち 来なさい。


また おしり ペチンペチンしちゃる!!

雪や こんこん

昨日の朝 起きたら 辺り一面の 銀世界でした。


雪が つもってる朝って とっても 静かねぇ。。。


回りの 音まで 包み込んでくれるのかなぁ?





積雪 20センチ程度だったけど あまり つもらない所なので 大人の人たちも 興奮気味よ


ちょっと ベランダに出て ころんに 雪を見せたら 舞ってくる雪に おののいてました。


まーそれが 可愛いのなんのって 親バカ 一喜一憂。


さてと こんな日は 読書ですよ。







これは クリスマスプレゼントで  ビーババから いただいた 「星守る犬」


「読み終えた瞬間、 『おとうさん』 という声が、 遠くからかすかに聞こえた。


涙が出た。 せつなくて、うれしかった。 重松 清さん(作家)」


この 帯の内容を 読んだだけで 涙が出そうになった アタシ・・・大丈夫か?


もう読んだ方もいると思いますが せつないですよ。 たまりませんよ。


普通の顔して読める人が居るならば 出てらっしゃい!!


胸が しめつけられます。





ころん 今日も お座り出来てないねぇ。


いんだよ いんだよ 困ったお顔しなくても


その格好が らくなんだよね。


気にしない気にしない  よく できてるよ。 おりこーちゃんだよ (o_ _)ノ彡☆ポムポム

こっちに来て カキカキ・・。

みーです・・・こんにちは |☯ฺд☯ฺ) ソォーッ…


アタシに対しての 「嫌」 と思う事は この育児日記には 書きたくないです。


ころんの 痛いことや つらい事は 書くけど。


途中で やめるわけには いかん!!と 思ったので。


でも 今年 アメブロで 1記事 書いただけで 歯切れが悪いですーー。


どうせなら 今年一発目の記事から こちらに 移動しとくべきだったのかな・・・とか 思ってしまいました。


でも アメブロ 大好きだったなぁ・・・





あんよを 上手に使って かゆい所を かいてます。


こーゆーしぐさは 当たり前のようですが あんよが 痛いころんにとっては 大変な作業。


よく このまま 後ろに 倒れます ( ゚∀゚)・∵ブハッ!!


その名のとおり 「 ころん・・・」 っと


これからも よろしく お願いいたします。
【 2010/01/12 】 amebaからお引越し | TB(0) | CM(14)
+++うちの子+++
*おさんぽかけっこ大好き。
*とてつもないヤキモチ妬き。
*さみしんぼであまえんぼ。
*4才に股関節切除。
*びびりんぼ。
*おそとがこわい。
*表紙のわんこもこわい。
*パピーがいちばん好き。
+++コメント+++
<>+-


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。