*---ころん&ひなたのにっきちょう---*

マミーが産んだ毛深い子たちの育児日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

家族だったあの子達・・・。

ずっと 胸につかえてたこと どうしても あの子たちのこと 形として 日記に 書き残したかったので 書こうと思う。



アメブロの時も 何度 書こうと思ったか知れないけど 勇気がなくて なんか 書けなかったの。



重たくなるからね。



きっと 長いよ (・ิ-・ิა)



小学校の低学年の頃 秋田犬の 「みこ」が いました。



子犬の時 我が家の一員に なりました。



シルバー色の かっこかわいい みこ。



時が過ぎ おっきくなって たっちすると 大人の身長くらいになりました。



でかいけど 従順で 優しい 女の子。



お散歩は 大人の人と 一緒じゃないと 危ないので おじいちゃんと 行ってたんだけど それでも 見事に ひこずられてたっけ。



引越しする事になり みこは 両親の知り合いの ドッグトレーナーさんに 引き取られました。



小学生だったあたしは みこの 寂しそうな顔が いまでも 忘れられません。



ずっとずっと 見えなくなるまで こっちを見てました。



あたしも ずっとずっと みこが乗った トラックが 曲がり角を曲がるまで 見てました。



時が経ち あたしが高校生の頃 学校帰りの弟に さみしそうに ついてきた 雑種ちゃんを 弟が ひろって帰ってきました。



しばらくは 2階で こっそり 育ててました。



その子の名前は 「 ぺけ 」と 名づけました。



堂々と 育てたいので 弟に 「あたしに 任しとけっ!!」って 親に 打ち明けて お庭で育てることにしました。



そして ぺけが 赤ちゃんを 三匹 産みました。



二匹は すぐ 貰い手が 見つかりました。



残りの 一匹は 瀕死の状態で 生まれました。



小さすぎた為か 成犬になっても 両目が見えませんでした。



あたしは 生まれたこの 小さな小さな子に 「 みるく 」 と名づけました。



コットンに お湯を浸らせて 排泄を うながしたり  飲み物を 飲ませたり 面倒をみました。



数日が 過ぎて もう 大丈夫だと 思ったので ぺけに 返しました。



目が 見えないけど 庭の 感覚を覚えてゆき ぺけの 周りなら とことこと 歩けるようにまでなりました。



どこにでもあるような 普通の暮らしをしてました。



そこへ 悪魔が・・・



父方の祖母が 来ました。



祖父は 病院の院長で 祖母は 婦長でした。



祖母は 赤い錠剤のようなものを パラパラと 地面に 落としました。



ぺけは その祖母が おやつを くれたのだと 喜んで食べたらしいです。



ぺけは 毒殺されました。



祖母は 劇薬だって 扱える人です。



あたしは そんなことを もくろんでるとも知らず 2階にいました。



その時 天を つんざく悲鳴が 聞こえたんです。



晴れた夕方 その悲鳴が こだましました。



今でも あの 悲鳴が 耳に 心に残って 離れません。



このことは 二年前に 母から 知らされました。 そう、ころんが わが子になってから。



「 あなたも 大人だから 話すわね・・・。」 と。



だからか・・・やっと 謎が とけた。



さっきまで 元気だった ぺけが 悲鳴をあげて 倒れて死んだ・・・なんでだ!!って ずっと 思ってたから。



事の始まりは 母方の 祖母が ちょっと 愚痴っぽく 父方の祖母に 「 まったく 犬の世話を しないんだから・・・。」 とか 「どこでも う○こしちゃってぇぇ・・・。」 とかの その程度の 世間話をしたらしい。



それだけのことで 父方の祖母は 勝手に うちにやってきて 庭に入ってきて パラパラパラ・・・と 赤いものを・・・。



母も まさか 祖母がそのような事をするなんて 思ってなかったと 言ってました。



命の大切さ 尊さをよく 知ってるであろう 仕事柄の祖母が いとも簡単に ぺけの命を 奪った。



あたしは その話を聞いてから 祖母のお墓参り 行きません。



母は 「 ぺけが 苦しんだように おばあちゃんも 肺がんで 苦しみながら・・・だったね。」って 言ってた。



話は戻り  数年経ち あたしは 実家を 出てました。



実家は みるくを つれて また 引越しです。



新しい家は 塀で 囲まれてませんでした。



みるく 溺死しました。



目が見えない みるく は 勝手が 分かりません。



ぺけと 言う お母さんが いなくなったから 余計に どうしていいか 分からなかったはず。



みるくは 未熟児で生まれたせいか 成犬になっても ころんと 同じくらいの 大きさでしかありませんでした。



簡単に 首輪が 抜けたらしく 隣の 溝に 落ちてしまいました。



その 溝は 水深も浅く そこに 落ちただけじゃ 大丈夫なはず。



落ちて 目の見えない みるくは 起き上がり 溝の中を とことこと 歩いて 繋がってた大きな川に 落ちてしまったんだと 思う。



その川は みるくだったら 助からない。 



近所の おじさんが 「お宅の わんちゃんじゃないかね?」と 言ってきたそうです。



引っ越して すぐの出来事だった。



どうして おうちの中で 育ててあげれなかったの!!と 凄く 実家に居た人を うらみました。



みるくは 前の家の時は 首輪をせず 自由にさせてあげてたから 急に 首輪をされて いやだったのかな。



去年 ころんを つれて 「ぺけ と みるく」 が眠ってる場所に 手を 合わせに 行きました。



 虹の橋 で 母娘は じゃれあって 遊んでるかな?



みるくは おめめが 見えてるかな?



ころんは 時々 天井のあたりを じーーーっと 優しい目で 見てる事が あります。



あたしは 「 ぺけと みるくが 遊びに 来てくれたんかな? 」って よく ころんに お話してます。



寝るとき いまも 「 ぺけ みるく おやすみ 」 と 語りかけてます。



今度こそ 今度こそ ころんは 絶対 守る。



悲惨な過去があって ひとしお すごい力で そう思います。



ぺけも みるくも あたしの目が行き届いてないときに こんな目にあったの。



だから ころんは そんな目に 合わさせないよ。



ずっとずっと ついててやる。



片時も 目を離さない。



この 1ページに 「 みこ 」 と 「 ぺけ 」 と 「 みるく 」 を 書いた事で あたしの この 大きな いがいがした かたまりが ちょっと 小さくなったかな・・・?



「 みこ 」 も 「 ぺけ 」 も 「 みるく 」 も ちゃんと この世に 生を 受けて 生きてたんだよって 書き残したかったんだ。



家族だけじゃなく みーちゃんと ころんの お友達にも 「 いたんだよ 」って 知ってもらいたかったんだよ
みーちゃんちゃん、ちゃんと、読んだよ。。
大きくなって理解すること、できる事って沢山あるよね・・・。知った時の、想像を絶する・・・・・どうしようもないキモチのやり場。。

そこから、強い、思いがころんちゃんを思いやる気持ちが生まれたのね。。

みーちゃんとこ、来ると、同じキモチって思えるとこ沢山ある。。嬉しい。。

ころんちゃんは、絶対に、何がなんでも、守れる!!なしのときそうだったじゃない!!これからも、ずっと、ずっと。。

ころんちゃん、お利口しゃんに、カットちてましたね~良い娘なんでし~。。
いっつも、みーちゃんが、ころんちゃん、思ってもらって、とても、幸せなころんちゃん♪♪いつまでも、仲良しなのは、おぼも、仲間に入れてね!!
【 2010/01/31 】 編集
みーちゃん、本当につらかったでしょう。。みこちゃんとわかれたこと、そして何より、大切なぺけちゃんのこと、そして、みるくちゃんのこと。ずっと、ずっと、苦しかったでしょう。。。この日記を読んで、私も、みこちゃん、ぺけちゃん、みるくちゃんが、みーちゃんにとっても愛されて、幸せだったこと、知ったよ。そして、ショコラを、道で会うわんこちゃんたちを、この世に生まれてきたすべてのワンちゃんたちを、もっともっといとおしく、大切に思いたいって感じたよ。
【 2010/01/31 】 編集
この日記、アップされてすぐに読んだんだけど
なぜかコメントできなかった…
頭の中が、整理できない状態になっちゃって…
みこちゃん♪ぺけちゃん♪みるくちゃん♪
みーちゃんは今でも こうしてあなたたちのことを
想ってくれてるよ
そのみーちゃんの想いで、きっとあなたたちは
救われてるよね
今からは、みーんなが あなたたちのこと覚えててくれるからね☆
【 2010/01/30 】 編集
こうやって ブログに残せてあげれて 良かったね。
みーちゃんの気持ち みんなで 共有できるから
少しでも リリースされたって思うよ。
ころんも それがちゃんと分かってくれてるね。
みんなも みーちゃんが大切に想ってくれてること
ちゃんと 伝わってるよ。
残せてあげれて 本当に良かったね。
【 2010/01/29 】 編集
み~ばぁ・・・がんばったな♪
そして、辛いこと教えてくれてありがとう☆

多分、書きながら号泣してたんやろな・・・
わかるよ・・・・
めっちゃわかる・・・・

辛かったこと、思い出すだけで今でも泣けてきちゃうよね。
自分を責める気持ちもよーくわかるよ。
でも自分を責めちゃダメ・・・だよw

みんなに聞いてもらって少しは楽になったかい?

ぺけちゃん、みるくちゃん、みこちゃんはみんな、み~ばぁ弟ちゃんにに可愛がってもらって喜んでるさw

もちろん、ころんたんもね^^v

み~ばぁがおウチにずっといるのも、ころんたんから一瞬でも目を離さないタメなんだね・・・
ころんたんは幸せモノだべ♪

それにしても、こんなに沢山文章書いて、二十肩になったんやないの?あはは^^;

【 2010/01/29 】 編集
私たちの全く知らないところで、想像を絶するようなひどい状況におかれている人たちは、世の中にはたくさんいて
それを知らずに生きている私たちは、本当の意味で、幸せなのだろうか、と思います

人間、きれいなモノだけを見てきた人に、本当にきれにな気持ちは生まれないと思う

みーちゃんが、幼い頃に植えつけられた過酷な記憶は、思い出すたびに心が締め付けられて 一生忘れることなんてできない、辛い過去かもしれない

でもその気持ちがあったからこそ、ころんたんに出会えたのだと、信じて欲しい
そして今、ころんたんを守る気持ちへつながっているのだと、私は思います

そのかけがえのない命の尊さに触れたみーちゃんの心は、その子たちが礎となって、すべての愛すべき命に、今、おしみなく注がれているじゃない

それで、いいんだと思うよ

ぺけ、みるく、そして みこ
この子たちの気持ちは今、きれいに浄化されて
みーちゃんと一緒に、ころんたんをいつも、あたたかく見守ってくれているよ

心強いね、みーちゃん
よかったね みーちゃん
【 2010/01/29 】 編集
みーちゃんは、忘れること無いだろうから、天国で見守ってくれているね、みんな笑顔で見ているよ。
【 2010/01/29 】 編集
みーちゃん…


辛かったね。。


あたしは今、半泣きだょ(>_<)





私もみーちゃんの立場だったら、祖母を恨んでお墓参りには行かないと思う。


だって、だって…


酷いょ…




命の大切さや尊さを一番理解している大人なはずなのに、簡単に薬が手に入るからって↓↓



ぺけちゃんやみるくちゃんが祖母にいつ迷惑かけたって言うの?


うんちが庭に転がっていてもいいじゃない!


少し臭いや衛生上よくないけれど、すぐに気付いた人が片付ければ、それで済むもん…




なのに、なのに、酷い…


人間じゃないよ、その祖母は。






でもね、みーちゃん、きっとみこちゃんもぺけちゃんもみるくちゃんも苦しんで虹の橋を渡ったかもしれない…


だけど、みーちゃんや弟さんには絶対、感謝してると思う…



今はね、3人で、みーちゃんやころんたん、みーちゃん家族みんなの幸せをお空から見ているよ、きっと…



だって、みーちゃんや弟さんはとってもとっても人間らしい温かい人だから…


みーちゃんのママさんも、みーちゃんや弟さんの為を想ってぺけちゃんやみるくちゃんの事を幼い2人に話さないでいてくれたんだね…


優しい、思いやりのあるお母さんだね!!



今頃、ころんたんが寝ているベッドで3人も一緒に寝てるカナ?



私も、みーちゃんみたいな温かい人になりたいな…
【 2010/01/29 】 編集
みーちゃん辛かったですね(泣)
私も、二人のわんこと辛く悲しい別れをしてるのでみーちゃんの気持ち分かります。
みこちゃん・ぺけちゃん・みるくちゃんもみーちゃんの優しい気持ちは届いていると思いますよ!



【 2010/01/28 】 編集
みーちゃん、打ち明けてくれてありがとう。
命って本当に誰のものでもないですね。
幸せがいっぱいの命、寿命をどうにもしてあげられない命や、生きられるのに
生かしてもらえない命、生きることに希望を持てない命、
誰かに守られている命、誰にも知られずになくなっていく命もある…。
だからこそ、私たちは目の前にある命を大切にしなくてはいけませんね。家族の命も自分の命も。
みこちゃんもぺけちゃんもみるくちゃんもしっかりと
生きていた大切な命として、ここに書いてもらえて
喜んでいると思います。
【 2010/01/28 】 編集
大切な お話 を 聞かせてくださって ありがとうございました。
マミーさんの 優しさ あたたかさが どこから きているのか 分かったように 思います。

きっと みんな 今頃 お空で 飛び回って 遊んでますよ!
優しく ころんちゃんと ご家族を 見守っててくれてると 思いますよ。
ころんちゃんには それが ちゃんと 分かってるんだよね
【 2010/01/28 】 編集
何と言ったらいいか・・・言葉が見つかりません・・・

母犬と子犬が天国で仲良く暮らしていることをお祈りします。
【 2010/01/28 】 編集
みーちゃん辛い思いしたんだね。。。
「みこ」と「ぺけ」と「みるく」ちゃんがこの世に生を受けてた事をしかと胸に刻んだよ!
ころんちゃんもそんな仲間に見守られて、みーちゃんの愛情いっぱいもらって。。。
何だか泣けて仕方ない私ですわ。。。
今でも優しいみーちゃんの傍に皆いるよ!
【 2010/01/28 】 編集
うぇ~ん 大泣きしちゃったよ
コッタンも心配してみにきてる

みーちゃんがころんちゃんを
どんだけ大事に思ってるか!

そしてみこちゃん、ぺけちゃん、みるくちゃん
みんなもことをずっと忘れない気持も・・・

わんこたち、みんなに伝わってるよ

みこちゃん、ぺけちゃんみるくちゃんが
ころんちゃんをみんなで守ってるよ

ころんちゃん!ママ、ぱぴー、いっぱい
みんなに愛され、守られ幸せね!!

ほんと近くならコッタンも
一緒に留守番させてほしいくらい

やさしいみーちゃん!またね
【 2010/01/28 】 編集
泣いた・・・。
いっぱい泣いちゃったよ。
やっと、みこちゃん、ぺけちゃん、みるくちゃんのことがやっと、書けたんだね。
みーちゃんが前に、あたしの家で昔飼ってたポメのことを無理に聞かないでくれたのも、つらい悲しい思いを経験した優しさからだったんだね。
みこちゃん達のことをどうすることもできなかったみーちゃんの切ない思いに、涙が止まんないよ。
みこちゃん、ぺけちゃん、みるくちゃんは、きっと今も、大好きなみーちゃんのこと忘れないで、空から見守ってくれてるよ、絶対!

やさしい人間でありたい・・・。
みーちゃんみたいに。
【 2010/01/28 】 編集
辛い気持ち…
すごくわかります。

みーちゃんがここに文字を残した事で
「みこ」「ぺけ」「みるく」ちゃんも
喜んでくれてると思います。

ころんちゃん。
たまに遊びに来てるんだよね。
ころんちゃんには見えるんだよね。
楽しく遊んでるよね。
ねぇ!ころんちゃん!
【 2010/01/28 】 編集
そう・・・そんな辛いことがあったのね。
今まで心の中に閉じ込めて辛かったでしょう。

みーちゃんだけではないと思う・・・心の中にひとつやふたつ・・・悲しい辛いあまり人に言えないことが。
でもこうして吐き出して、心が少しでも軽くなればいいと思うよ。
それを忘れようとしても忘れられずに・・・そういうことは持っていればいいと思う。
それを持ったまま生きていく。

今までのことがあるから、ころんちゃんは・・・と思っているように。
きっところんちゃん、幸せだと思うよ♪
【 2010/01/28 】 編集
みーちゃん、辛かったね。
自分の身の回りで起こったこと…。
三人のこと、忘れずにいて上げてるみーちゃんのこと、みんな、愛してくれてるとおもう。
そう、ころんちゃんのように。
【 2010/01/28 】 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【 2014/10/05 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

+++うちの子+++
*おさんぽかけっこ大好き。
*とてつもないヤキモチ妬き。
*さみしんぼであまえんぼ。
*4才に股関節切除。
*びびりんぼ。
*おそとがこわい。
*表紙のわんこもこわい。
*パピーがいちばん好き。
+++コメント+++
<>+-


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。