*---ころん&ひなたのにっきちょう---*

マミーが産んだ毛深い子たちの育児日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

手術します。

この前は いっぱい 励ましや 応援を ほんとに ありがとうございました。



たくさんの 友達が 心配してくださってる事に ちょっぴり驚いちゃいました。ありがたいです。



なので 休止と言いつつ 進展があったので 日記つけとかなきゃ。



あれから 1日おきに 通院してたのですが 手術が 決まりました。



今月の 9日になりました。 あと 5日だ・・・どきどきする。



院長先生や 他の先生とも 検討した結果 「 大腿骨頭切除手術 」 と言うオペをします。 しかも かかりつけの病院で する事になりました。



この手術は 「 今後 元気に歩けるようになる 」 と言う手術ではなくて 「 痛みをとってあげるのが目的 」の 手術なんです。



それと 100%の運動能力が この手術をする事によって 75%まで落ちるので 元々 100パー備わっていないころんは どこまで落ちるのか 分かりません。



そして この 手術によって 歩けるようになるのか 歩けなくなるのか やってみなければ 分かりません。



若い男性の先生に 質問しました。

「 もし 先生が ころんの事が 愛しくてたまらない ころんのお父さんだとしたら この状態のころんを見て どのようにされますか? 」 



先生は 「 後ろ足が2本とも 機能しなくなるリスクがあるので 自分なら 痛みを ちらす方法を選びます。 」 と おっしゃられました。



でも 院長先生は 痛みをとりましょうと おっしゃられました。


↓ 頑張って書いてみた レントゲンの絵・・・超どへた。 
IMG_2011103001.jpg

今回は ②の 大腿骨の 骨を切除します。 切除する事によって 骨と骨の 摩擦からの激痛は なくなるそうです。




ころんは ①、②の 股関節( 股関節形成不全 ) と ③、④の ひざ( 膝蓋骨脱臼 ) が うまれつき 悪いです。



へたっぴな絵なので うまく 説明できないのですが ①、②の 股関節は 骨盤の凹と 大腿骨の凸が ほとんどないので ハマる所がなく 常時 滑っています。



③、④の ひざは 絵のように よそに向いて ずれています。



今後 他の ①、③も 手術になる予定です。



左足を手術すれば とうぶんの間 右足に重心をかけるので 右足がダメになり 右足を手術すれば 痛みはなくなっても 不完全な左足に負担がかかると言う事で 立てなくなるリスクがあるので 先生も 手術を ためらっておられたのだけど 痛みでけいれんのように 震えてるころんを見て 「 まず 痛みをとりましょう 」 と言う事に なりました。



今までは 若いと言う事もあって 筋肉の力だけで 走ったり歩いたりしてきたようです。









IMG_2011103008.jpg
これは 「 けいたんちゃん 」 から いただきました。



肌身離さず 持っておこうね♪ あたたかい お手紙、心に沁みました・・・泣。



けいたんちゃん ありがとうございましたなの!!









IMG_2011103007.jpg
これは ころんが こんな事になる前の 普通のお休みの日 「 わんままちゃん 」の おうちに突然訪問した日に いただいたものです。



ころひな 毎日 この おやつを 食べてますぞ♡



ありがとうございましたなのー(´∀`*)



昨日は 手術に持っていく物を 買ってきました。

IMG_2011110301.jpg

術後の 入院するゲージに 敷いてもらう毛布と エリカラ。



ひなたのエリカラを使おうと あてがってみたら 首回りが 入らなかった 汗・・・。ひなたより ころんは おっきいからね。



だから 同じ色の ワンサイズ デカいのを 買いました。












ある平日の午前中。。。
IMG_2011103002.jpg
家事が終わり リビングに戻ってみると 気持ちよさそうに 外の風に あたってました。









IMG_2011103003.jpg
目の前の 住宅の通りは いろんな わんこの おさんぽみちです。



いろんな わんこの声が 聞こえてくるね。









IMG_2011103004.jpg
マミーも いっぱい 歩かせてあげたいな。



4年も 我慢ばっかり させてしまったね。



生れてから 4年間って やんちゃしたり いたずらしたり 追っかけまわしたりと 1番遊びたい盛りなのに そゆ事 全然 出来なかったもんね。



これから うめあわせ いっぱい しようね♪ 









IMG_2011103005.jpg
かぁかぁ(カラス) や ぽっぽさん(はとぽっぽ) が 飛んでるねぇ♪









IMG_2011103006.jpg
もしかしたら 今月 ちょこっと 羽が 生えるかもだよ。



ころん 頑張ろうね!



でも 入院で 離れるなんて マミー さみしすぎて どうにかなっちゃいそだよ。・・・マミーが分離不安だよ めそめそ。



マ、マミーも がっ、頑張るよ。





【 2011/11/04 】 .。.:*☆痛いこと | TB(-) | CM(34)

ブログを休止します。

長い事 お休みしてました。



野暮用が終わり そろそろ ブログを・・・と思ってたのですが わたしの気持ちが ぐだぐだになってしまいまして。



頻繁に ころんの あんよが 悪くなってしまい 処方された 痛み止めも 効かなくなったし 今後の手術の話を より詰めて お話する為に 病院に行きました。



抱っこするだけで 骨と骨が すれた痛みで ころんの身体が 小刻みにずっと 震えてたり 目がうつろになってしまってたから。



4月に撮ったレントゲンと この度撮ったレントゲンを比べると 一目瞭然でした。



右側のあんよだけではなく 反対の左側のあんよも 股関節形成不全になってしまってました。



4月にはまだ確認できてた骨が すりへって いびつな形に なってました。



4月の時点ならば こちらの病院でも手術が出来たのだけど 今の症状だと もう ここでは 出来ないと言われました。



「 手術をするならば 器具が整った 大学病院になると思いますが しかし 手術を受けても 後ろ両足は 機能しなくなる可能性があります。 」 と 言われました。



でも かかりつけの先生は 各方面の先生たちと いろんな方向から意見を聞いて 最善の方法を 見つけますとも おっしゃられました。



わたしは 毎日毎日 0才の頃から 「 どうしても 両足を 治したい。 どんな事があっても 治してあげたい。 」と 半分 介護のような 生活をしてきました。



今日 病院に行ったのは 「 手術を お願いします 」 と 伝えるのが 目的でした。



先生から 「 歩けなくなる可能性がある事を 覚悟して下さい 」 と 言われ レントゲン室で 涙があふれ 診察室、待合室で ぼろぼろ 涙が止まらなくなりました。



「 ころんも 頑張ってるのに マミーも 頑張ってるのに まだ 4才なのに お散歩が大好きなのに なんで、・・・」 と。



先生から 先天性と 言われた時 ふと 思いました。



「 そっか ブリーダーは この子が 生まれながらにして 両方のあんよが悪いって事 分かってたのね。 だから 売り物にならないって 捨てたのね。 捨ててくれてありがとう。 おかげで ころんの母親になれたよ。 母であるわたしが ずっと 守ってあげるんだから! 」 なんて 思っちゃいましたね。



ところで わたしの 股関節と ひざは 無駄に 骨と骨が はまってる。



わたしの 骨を取り出して ころんサイズに削って 移植出来ないものか。



ころんの為なら わたしの足を 使ってほしい とか 本気で思う。 



「 今日の所は 内科的処置です。 でも最終段階の処置になります。 1番強い薬なので これ以上の事は 出来ません 」 と 言われました。



その 薬と言うのは モルヒネの注射を 1本、 モルヒネの副作用止めの注射を 1本、 そして モルヒネの 80倍の効き目がある 「 医療用麻薬 」 のシールを 背中の毛を 刈られて 貼り付けられました。



麻薬のシールは 3日間 貼り続けるのだけど これは 麻薬なので 普通に ゴミ箱に捨ててはいけないそうです。 病院で 処理するそうです。



涙をぬぐいながら わたしと ころんだけ 駐車場の 車に 戻ってたのだけど まだ車に たどり着いてないのに 既に 副作用が 始まりました。



腕の中で たくさん 吐いて 車の中でも 何度か吐いて おしっこを 普段 もらさないのに 車中で たくさん もらしました。



それからと言うもの 目は うつろ、 目の焦点が合ってません。目を開けて 眠っています。



今後 このまま ブログを 楽しく書いて行くことが 無理っぽいので 休止 もしくは ブログを やめるか どっちかにします。



こうなってしまうまでの 今月の 育児写真を 記録として 載せますネ。



IMG_2011102301.jpg
ひなたが ころんに タックルしてます 笑









IMG_2011102302.jpg
ふたりとも こっちを 見てくれません。









IMG_2011102303.jpg
おさんぽに行く途中 浜省の ツアートラック発見しました。









IMG_2011102304.jpg
楽しそうでしょ。









IMG_2011102305.jpg
いい笑顔だね。









P1030021.jpg
臨時収入で よーやく バギーが 買えたんだよ。

この時は 奇跡。

一緒に乗らすと たちまち 嫌がります 爆!









IMG_2011102306.jpg
この日は 具合が悪くて ねんねさせてます。









IMG_2011102307.jpg
両足そろって ピーン。









IMG_2011102308.jpg
これは 今日の写真です。

これが 医療用麻薬シールです。









IMG_2011102309.jpg

モルヒネを打って 8時間後 ようやく お顏を あげました。 目つきもだいぶ はっきりしてきました。



気分が あがってきたら もしかしたら ブログを また 書くかもです。



でも今は 無理です。



訪問してないので この 日記に 気づくお友達は 数少ないと思いますが 長い日記を 読んでくれて ありがとうなの。



また お会いできたら いいね!





【 2011/10/23 】 .。.:*☆痛いこと | TB(-) | CM(37)

ころん熱中症

ころんが 熱中症に なってしまいました。

IMG_2011071900.jpg
↑ これは 朝のお散歩です。

特に ころんには 気を遣ってたのだけど。



そろそろ おうちに帰ろうと思ってた夕方 弟夫婦に 呼び出しがかかり 某家電量販店の 屋内駐車場で ころん達を抱っこしながら 立ち話をしてたのだ。



風通しも まぁまぁ ある所だったのだけど 初めは さんぽ後のような 軽いハァハァの呼吸だったのが 激しい深い呼吸と共に 呼吸と連動して動く おなかの動きが ハンパなく激しくなり 目の 白目の部分が 赤くなっていって 目が 見開いてるので これはまずい!!と 近くに止めてた ころん号に乗り込み すぐさま クーラーをかけて 交換用に持ってきてた 何個もの保冷剤で 体を冷やし 指先で 水を飲ませました。



冷やすのは 動脈がとおっている 首や 脇のつけ根 足のつけ根 おなか。



血液が冷やされて 全身を かけめぐり 身体全体が 冷えるです。



お水も 自分から飲まないので 指先につけて 飲ませながら 体内から 冷たくします。



毎年 かる~い 熱中症にはなってたのだけど 連れて帰ってからとゆうもの この日は ベッドから 動けなくなるし あんなに大好きな まんまの用意してても 自分の足で来れないし 水も飲めなくなるし 目もうつろだし。



これ以上 ひどくなるようだったら すぐさま 病院に行こうと思ったけど まず 親のわたしが 出来るだけの事をしてみました。



以前 お医者さんに 「 ころんちゃんは 他のわんちゃんに比べると 弱いですし 抵抗力がないので 気を付けてあげてくださいね 」 って言われたのを 思い出しました。



神経質なのも どうかと思うのだけど お医者さんからは 「 ころんちゃんには 神経質なくらいが 丁度いいです 」 と 言われてたので かなり 神経質に 見張ってます ははは。



ただ 熱中症は その日に まぁまぁだったとしても 数日後に 症状が現われたり 重症化する事があるので まだ 様子見してます。



母は わんこを ペットではなく 「 犬 」、 そして ただの 「 番犬 」 と 思い 「 犬 」 を 家に入れて一緒に暮らすなんて 考えられない、不潔だわ と言い わんこを なでなでしたり 抱っこなんて とんでもない! と 思ってた人なのですが ころんと 出会い 今では 可愛い可愛いと なでたり 抱きしめたり ちゅうをするように。



その母が 「 私は わんこグッズのお店を知らないから すぐ 買いに行きなさい! 」 と お金をくれました。 

IMG_2011071901.jpg

↑ これ。


5件まわって ようやく ありました。 売り切れ続出なんだもん。



とあるショップで 「 バンダナありますか? 」 と 聞いたら 「 ありませんねぇ。人間用の バンダナを やったら? 」



・・・「 やったら? はぁ? おまえ くび。 」 心の中で この 従業員を くびにしました。






IMG_2011071902.jpg

ころんは 日替わりで 体調の変化が起こります。



ころんは 去年 普通に 出来てたことが 今年 出来ないです。



去年の 暑~い8月には 往復21~22時間 かけて(休憩長すぎ:爆) 全行程800キロ先の(日帰り) 鳥取に居るひなたに 会いに行ったりしても 大丈夫だったのに 今年になってからは 色んな事が 無理に。



シニアのように 家では じっとしてるです。



お散歩の時は はっちゃけて 足取り軽く るんるんだけど おさんぽが終わったら 車のシートで ぐったりです。









IMG_2011071903.jpg

この日 ポメちゃんを 抱っこしてた ご家族がいまして ひなたを見て 「 可愛い可愛い 」 と なでなで攻めで 可愛がられました。 



ひなたと 相手のポメちゃんが 1か月違いとゆう事もあり 盛り上がっちゃいました。



そして ころんを見て 相手の方が 「 この子は 歳でしょ? 」 と 言われ わたし 大人げもなく 内心 むっと しちゃいました。



「 いけんいけん・・・ 」 と 思いながら 「 まだ 4才なんですよ 」 と 返したけども・・・



他人から見ると 歳に見えるのかな やつれてみえるのかな ショックだな。









IMG_2011071904.jpg

やっと 4才になったころんだけど ころんが 具合が悪い時 ころんの ぐったりしてるお顔を見ながら 4才になるまでのころんを 振り返って 「 この子は わんこの一生を 早足で 駆け抜けちゃってるの? 」 と 怖くなる時があります。



パピーに 言うと 「 俺も そんな気がして・・・ 」 と。 悲しくなった。



そして 頭を かきむしる。 「 な、何を ゆうとるん!! 」 ちょっとでも そんな事が 頭をよぎった自分に 腹が立つ。



世の中には もっともっと 痛い思いをしてるわんこ 悲しい思いをしてるわんこ 脱却してるわんこ 病気や怪我で 頑張ってるわんこが たくさんいる。



「 だから ころんは まだ マシだよ。 」・・・・・とは 思いたくない。



マシだよって言う その比べてしまう気持ちが 今現在 辛い思いをしてるわんこに 失礼だと 自分は思うから。



でも ここ 3週間 病院に 行ってないんだよ。 3週間もだよ! すげいね ころん!!









ころんと 同じ状況下だったのに ひなたは 強い♪

IMG_2011071905.jpg

ひなたは ケロッとして 手乗りひなたを しちゃったりするわけで・・・笑









IMG_2011071906.jpg

横から見ると こう。









IMG_2011071907.jpg

ひなたは 絶対 誰かの体に ふれていなきゃ ダメなやつ (´゚艸゚)∴ブッ









IMG_2011071908.jpg

あまえんぼひなためっ (*´∀`)









ころんは 調子が悪くても お外に出たいと みんなを じっと見て 合図をするのです。



「 パピー あたちの おべんとう( タッパーに フードや お菓子を 入れる事 )の用意をしないのかちら?」



「 マミーは おけちょう しないのかちら? 」



「 マミー 着替えないのかちら? 」 



なので 散歩はしないけど 車で お外を いっぱい 見せました。



もちろん クールバンダナ装着し~の タオルに巻いた保冷剤を 脇の下に入れ~のです。









IMG_2011071909.jpg

お外は危険だから 車ん中で 写真をね。



今日から 室温調節しながら 家の中に居る平日なので きっと 大丈夫だよ ころん。



もしかしたら 今週は この 日記しか アップ出来ないかもしれませんと言う どーでもいい ご報告を いちお 書いておきますのだ。



と 言いつつ アップしてしまったら ごめんあそばせなのです。




 
【 2011/07/20 】 .。.:*☆痛いこと | TB(-) | CM(26)

せっかくのお散歩日和だったのに(涙)

土曜の朝 外に目をやると 晴れてました!



お休みの日に 晴れてるなんて 何週間ぶりでしょう。



すると ころんが 突然 嘔吐しはじめました。 それも 何回も。



そして かたまったまま 動けなくなっちゃって ぐったりしてきました。



・・・待ちに待った おさんぽ日和なのに どおしたってんだーーーっっ!!



様子を見てたけど どうも 一時的な状態じゃないので 病院に行きました。



採血と 点滴です。 3回 ちくちく されちゃったよ。



すると 「 CRP 」 の値が 平均値より 高かったです。 一時的な 嘔吐や 下痢では この数値は あがらないのです。 細菌 や 炎症を 起こしてると この 数値が あがります。



ちなみに 「 CTU 」 は テロ対策ユニットだね! 

ジャックバウアー 24  。+.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.+。 きゃぁ♡

こんな時に ふざけるなだよね (p´∀`;l|i)



先生は 「 もしかしたら 膵炎の可能性もあるので 今から 絶食とともに お水も 与えないでください 」 と おっしゃられました。



うっ・・・運が 悪すぎるぞ ころんたーーーんっ!!



おさんぽ だめになっちゃった。



不憫に思ったので 市内にある 海を見せに 行きましたよ。


IMG_201106251.jpg

ここは 南 沙織さんと 森高 千里さんが 歌ってた 「 17歳 」 だ~れもいない うみっ♡ ふたりの愛を たしかめたくってぇ~♪ の 海です。



作詞家の方が 中学生の頃 デートをした 思い出の場所なのだそう ふ~ん そだったんだね。









IMG_201106252.jpg

台風が 近づいてきてるので 怪しい空と 灰色の 海でした。 近づいてると言っても 来ませんけどね♪



起きた時の空とは まはんたい。









IMG_201106253.jpg

にいたんが 間近で 海を見させようと 連れてっちゃったんだけど ひなたからしてみれば 大迷惑だよね。



これでもかってほど 暴れまくってましたよ。 びびりんぼーの ひなただもんね。









IMG_201106254.jpg

自分の身の危険を感じたのか ころんは 一切 ひなたと 海を 見ませんでした。









IMG_201106255.jpg

弟の ひなたが 大変な時に ころんは 遠い目してました。



少しは 気が 紛れてくれたかな?



・・・ひなたは いい迷惑だったね (p´∀`;l|i)




【 2011/06/26 】 .。.:*☆痛いこと | TB(-) | CM(14)

ひなたの足までも。

5月 25日 はれ  たぶん。



今日は めそめそメソポタミア _| ̄|○ガックリ・・



月曜日は ひなたの事で 病院に行きました。



ひなた 先週から 3本足で 歩くのですよ 彡彡彡(TдT)彡彡彡ヒュルルル



ポメちゃんには 多いってゆうけど あたしは ころんの あんよを これまで 見続けてきたので 余計に 気になるのです。



先生は 「 手術レベルです 」  「 当院で手術が出来ます 」 って。



手術が 出来るって言葉が とても 嬉しく思っちゃったの。



でも 嬉しいと思う反面 つらいね。 ひなたが つらいね。


IMG_4134.jpg




ころんは 出来ないと言われてたから。



今の先生に聞いてみました。



「 ころんは まだ グレード2の時に 『 完治は難しく 手術をしても 再発するので 2年ごとに 手術を繰り返さなくてはならないから 痛み止めで 痛みを ちらしていきましょう 』 と 言われたのですが・・・ 」 と。



先生は 「 再発は まれで まず ほとんどありません。 軽いうちに 外科的手術を すすめています」 と。



2年前 勇気をもって そして 的確に判断して ここに 来てたら 今頃 ころんの あんよは 完治して 痛みもなく 颯爽と 歩けてたのか・・・と 思うと もう マミーは ずたぼろな気持ちで いっぱいなんです。



この頃 マミーは 感情のコントロールが 出来なくなってきてしまいました。 浮き沈みが 激しくて どうしたらいいのか 分かりまてん。 



2人とも 今は ドッグランで 思いのまま 走らせることが 出来なくなっちゃった・・・。



リードつけて 親のあたし達が コントロールしてあげなくちゃ もっと ひどくなっちゃうね。


IMG_4135.jpg




マミーは こんな事まで考えるようになってきました。



・・・あたしや 旦那の御先祖様は むか~し わるい事を したの?って。



誰かの足を 傷つけたの? 切ったの? 刺したの? なんでなん?って。



ひなたの足には 最初から 気を付けてたのにな。



いつも 「 ひにゃたは ころんみたいに いたいたに なっちゃ ダメだよ。今 骨格が 出来上がってる最中だから ほら ぴょんぴょんしたら ダメ! タッチしたら ダメだよ! 」 って ひなたには 伝わってなかったかも知れないけど 話しかけてたのにな。



ころんの あんよが 悪いからって いつも ひにゃたも 芝生を 歩かせてたし 散歩時間も 多くて15分~20分程度だったし なのに なんでなん?!って。


lb.gif


それから ころんの足の手術について お話してくれました。



新しい先生は ネットワークを持ってらして 他県の先生とも 連携してらっしゃいました。



ころんの レントゲンの写真を この前言ってた 大阪の病院に 送ってくださり 大阪の先生は それを見ながら かかりつけの先生と 手術方法を 話されたそうです。



IMG_4122.jpg




「 ここを こうして この骨を 削って・・・」 



「 大腿骨は まだ 弧を描くような変形はしてないから そこの骨は 切らないまま やってみましょう。 」



と あたし達に 手術方法を説明してくれました。




まず 重症の方の 右足の股関節と 膝蓋骨 ( ひざ )を 1回の手術で1度にするそう。



期間をあけて 次は 左足を 手術するそう。



大阪の先生と 広島の先生たちも繋がってて ころんの手術方法等も 広島の先生も承知してるらしく 同じく 形成のベテランなので 大阪に行かずとも 手術出来るんだって。



広島の先生の所へ 院長先生みずから ころんを 連れてってくれると 言ってました。

ダメダメダメー! あたしも ついてく! ころんとの4年間 離れたのは 娘っちの ケコンシキと 兄ちゃんの 運動会だけだもの~! ころんも 寂しくて どうにかなっちゃうし あたしも どうにかなっちゃうから ついてく~!!



IMG_4133.jpg




2人とも 手術 (泣) まさかの 同じような 症状でーーー!
 


その前に お金 どうにかしなくちゃ 手術 出来ないんだけどね (滝汗・・・)



「 ころん医療費 」 は 貯めてたのだけど 通院治療が 著しく多く 水道水のように みるみるまに。

みなさんのお宅では どれくらいのペースで 病院に通われてるのだろう・・・。



ざっくり言うと シニアになれば おのずと 病院通いも 増えてくると 予想はしてたのだけど ころんは 生後1か月から バンバン病院通いだったので あれよあれよと (笑)



こんな 手のかかる子達 手塩にかけて 育ててる我が子たち・・・可愛くて めろりんちょ 



IMG_3871.jpg



めそめそメソポタミア日記は コメ欄 CLOSE なのだ。



今から 和室の 隅っこで 体育ずわりして ひとさしゆびで いぢいぢしちゃうのだ。



なんちゃってなのだ (*´σv`)ウヘッ




【 2011/05/25 】 .。.:*☆痛いこと | TB(-) | CM(-)

ころんの足 暗闇に突き落とされる。

実は 前回からの 続きの日記だったりする [壁]д・)チラッ



5月5日 子供の日 下関の 乃木浜公園で ころんが また 下血しちゃったので マミー めそめそしながら 防府に戻りました。



あ~ん! 渋滞の ばかやろおぉぉん。



新しく かかりつけとなった病院行って くまなく検査してもらったら これは 心配ないって 

ヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ  めそめそしちゃったじゃないか。




IMG_3829.jpg




この日は 院長先生が ころんを 診てくれましたよん。



何も言ってないのに カルテを見ながら ころんの あんよを触りながら どんな状態かを 時間かけて 診てくれたの。



違う症状で行っても 必ずや あんよを 診てくれます。



前回の 下血吐血の時に撮った 両足のレントゲンも 併せて見ながら。



すると 院長先生は こう おっしゃったの。



「 私はこれまで たくさんの 症例を診てきましたが ころんちゃんのような 特殊な症例は 初めてです。 これは 重症で・・・。 」



・・・って おっおっおっしゃられたああぁぁぁぁぁ!! 



マミー 目の前 真っ暗。




IMG_4031.jpg




左足の 膝蓋骨脱臼は 小型犬に 多いですよね。 なのでこれまでに 何回も診てらっしゃるそうです。



グレード1から グレード4まであって 「 1 」 は 軽傷。 「 4 」は 重症。



しかし 右足の 股関節形成不全は 大型犬などの ラブラドールちゃんとかに診られる症例で 小型犬は まず ほとんど あり得ないと。



だから なんで 小さい ころんが なっちゃってるのか 怪訝な表情をしておられました。



そして 先生が さらに不思議がってたのは こんなに 若いのに ここまで 足が 悪いとゆう状態に 驚かれてました。 しかも 両足と ゆうことに。



ふつう どっちか 片方なら分かる話だけど 「 後ろ足2本が重症の 手術レベル 」 とゆうことに 先生も 困惑されてました。



そして 左足の 膝蓋骨だけを治すだけでは 意味がないと。



2年前 まだ あの病院に行ってる時 あんよの状態が 「 グレード2 」 の時だったら 普通に手術が出来たのかもしれない。



以前のかかりつけの先生は 「 再発するので 2年ごとに 手術を繰り返さないといけない。 」 と 言われ 手術に 踏み切らなかった。



・・・悔やまれてしょうがない。



あの時点で 親のあたし達が 他の病院に行って 他のお医者様からの意見も聞いてたら こんな事には…と 悔やまれる。



なので 全部 あたし達の責任。 全部 あたし達が悪い。 ころん 本当にごめんなさい。




IMG_4034.jpg




右足の股関節形成不全は 普通 大型犬なので 骨頭手術を 行うと。 これは 人工関節を 凹側と 凸側に作って 滑らかにするらしいのだけど・・・。



左足の 膝蓋骨の方は 骨 そのものを バッサリ切って ずれてる骨そのものを まっすぐにしてあげるとか 言ってましたけど 聞きながら くらくらしてきて まともに 耳に入ってきません。 ダメなマミーです。



シニア (老犬) になると おそらく 歩けなくなるだろうと。



前回の 下血吐血の時に ころんのあんよの事で 「 宇部に とてもいい病院があって 形成の手術もベテランなので もしかしたら 宇部の病院だったら なんとか 治るかもしれないので 聞いてみておきます。 」



光が差し込みました。



だけど 宇部の先生も 難しいと言われたらしいです。




IMG_4094.jpg




落ち込んでると 先生が 県内ではなく 大阪に とても 腕のいい先生が いらっしゃるので お話を伺ってみますと おっしゃられました。 



大阪・・・遠いね。 その前に 手術費用 滞在費用 なんやらかんやら・・・ない (泣)



マミーは 車の中で 泣いちまいましたよ。



実家の母が 「 普通ね 犬を飼うって事は 経済的に余裕がある所が飼うんですよ。 」



・・・めげそうな事 今は 言わんで。




IMG_4099.jpg



ころんの前では 笑顔で いなきゃね。



どーんと 構えておかなきゃね。



お散歩大好きころんは お散歩になっちゃうと 喜び過ぎて 早歩きになるので まんがの コマ送りみたいになっちゃうから あんよの動きが スムーズに見えちゃうよ。



だけど 正気に戻って ゆっくりペースになると 怖いほど びっこなんだ。



けどね ころんも 慣れたもんで あたし達の見方に寄れば 松葉づえをついてるように 上手に歩いてるんだよ。



ちょっと 段差のある所は 両方の前足を 同時について 後ろ足を 同時に ひょい!って浮かして 移動するよ。



ぶちまけたら ちょっと スッキリ。



どんより日記なので 今日は コメ 閉じちゃうのだ。





 
【 2011/05/10 】 .。.:*☆痛いこと | TB(-) | CM(-)

検査してきました。

いっぱい 心配してくれて 応援してくれて ありがとうございました。

ころんは 隅々まで検査してもらって 「 急性胃炎 」 「 急性膵炎 」だと 分かったの。

今はまだ あの時と変わらず ぐったりしてるものの 出血の原因などが 分かったので あたし達は ほっとしています。


IMG_3979.jpg


ここからは あたしの 不満を ぶつけたものなので お見苦しいトコもあるかと思うので 勝手に スルーしちゃって下さいね。

もぉ 書かずにはおられん自分だったので 自分がスッキリしたかったので 書かせてもらいたい。



まずは 今までのかかりつけの 病院を 代えました。

なぜなら 疑心感や 不安 怒りがあったからなの。

前の日記で おう吐物と うんぽを 検査してもらったと 書きましたが 実は 検査ではなく ただの 目視だったの。

袋に入ってる物を見て 「 血ですね。 」 そして 続く言葉が 「 ガンでないとは言い切れない 」とか 他にももろもろ言うばかり。

あたしとしては 顕微鏡(?!)で見てもらいたく 袋に詰めて 持ってったのに。。。

そして ここで 触診と 聴診器で見ただけで あげくのはて 「 山口大学動物医療センターに 紹介状を書く手もあります。 」って 言うんだもの。

「 まだ ここで何もしてないのに いきなり あっち?! 」

大事なこの子を 任せられない!


IMG_3981.jpg


ほんとは 仮死状態の時 も、この病院 おかしいのです。

あの日から 胸にしまっておこうと思ってたけど もう いいや 書いておこうって思った。

あの 仮死状態の時ね 家からも 移動中も 何度も何度も電話してたの。

病院の隣が院長宅だから もしかしたらもしかしたらって 思いで。

そして 着いてしまったので 院長宅の 玄関のドアホンを 鳴らしたら 奥様(この人も獣医師)が 出てこられて 事情を聞いてくれたの。

ころんが息をしてないのに のらりくらりと 「 あぁ・・少々お待ちください 」

次は病院の いつもの入り口に向かって まだかまだかと ドアノブを ガチャガチャ!

「 開けて下さい 開けて下さい!! 」 院内に明かりがついたものの 何度呼んでも開けてくれない。

だから ガチャガチャしてたら ようやく奥様が ガチャッと 鍵をあけるやいなや 「 もぉ・・・壊れるじゃないですか! 」 

「・・・はぁ?! 」

でもね ころんを 助けてもらわなきゃなので 文句一切言わず・・・と言うか 今はそんなの どうでもよくてね。

いつから どうなったとかの経緯を話してたら 「 もぉちょっと ゆっくり言ってもらえません?」 とか 「 いきなり来られてもぉ・・・ 」とか 言う始末。

何度も電話してるし ここまで来る経緯にあたって いきなりと とらえるなら どうやってここに来たら 合格なんすか?  殴ってやろうかと思ったけど 我慢我慢・・・。

そして ようやく 院長が見えたの。


IMG_3982.jpg


あれから ころんは幾度となく 病院に通う事があるのだけど 奥様はあたし達に挨拶もしない。 そして 今までは ころんの専属医師は 足の事もあって 院長だったのが 奥様のさしがねか 一切 院長が ころんを診てくれる事はなくなったの。

今じゃ 代診ドクターが ころんを診るようになってて 「 もし 今後 ころんにまた 命にかかわるような事があったら この病院は やめよう。 早く いい病院 探しておかなきゃ 」 って 思ってたの。

でも その時が 来てしまってね どこの病院行けばいいか 分からず・・・。

そして マミー ぴこぴこぴこ~ん!!と ひらめきました。

ここに 遊びに来てくれる  ピーママちゃん が 地元なので 聞いてみようと!

実は 同じ市内と言うだけじゃなく 家もかなりの近所。

お互い おうちを知ってるのに、 お散歩の場所も 同じ場所なのに まだ お会いした事はないの。

その ピーママちゃんは ご自分のワン友達にも 聞いてくれて ピーママちゃんのお友達からも 教えて頂くことが 出来ました。 「 けいたんさん 」 「 くぅmama♪さん 」 ありがとうございました。

そして 新しい病院に 行ってきました。

初診なのでまず 受付でお話したのだけど 先生も「 元気がないですね こんなに ぐったりして・・・」と聞かれ 「 先週の金曜日に 吐血と下血を・・・」とお話し 「 前の病院で (病院名は出してません) 触診と聴診器と 点滴と注射だけで 様子見と言う事だったんですが 不信感があったので・・・」と 言うと 「 えっ?!先週の金曜日から? 」 と かなりの日数を要してる事に 少し 慌てられ すぐさま 検査をしてもらったの。

閉院 10分前だったと言うのに。

終わったのは 20時前でした。

IMG_3988.jpg

左が今まで通ってた病院での 血液検査。 これは 先月の 3/30に 人で言う 「 人間ドッグ 」を 受けてたわけですが 今回は この 新しい病院で 血液検査をしてもらいました。

他にも うんぽの検査 レントゲンも 時間をかけて やってもらいました。

多少まだ 血液の混じったうんぽなのだそうだけど だんだんと 終息状態にあると おっしゃってました。

気になる数値も あちらやこちら 出ていたのは出てたのだけど 命をおびやかす数値ではないと言う事。

また もしも 吐血したら すぐ 連れてきてくださいとの事。

親切に そして 丁寧に そして 質問をいっぱいしても 分かりやすく説明していただいて 感謝の気持ちでいっぱいです。

そして 血液検査よりも 先生が気にしてらしたのは ころんの 後ろ両足でした。

診察台に乗せるときも 「 あ、ころんは この足とこの足が 悪いので そっと お願いします 」と言うと さわって診てくれたの。

そしたら 「 あ・・・う~ん 」と 難しい顏をされ 「 これは そうとう痛いねぇ ころんちゃん 」 と。

そして レントゲンも 両足を診て 「 右も 左も はずれて しかも ずれてますね。 ここを受ける骨もないですね。 よしよし 痛いねぇころんちゃん 」と よしよししてくれました。

このような態度の先生に 当たった事なく 痛むころんを目の前にして 心が ちょっと あったかくなりました。


IMG_3919.jpg


何もしないで 大学病院に 送り込もうとした どこぞの病院とは 大違い。




IMG_3921.jpg

ストレスは 大敵なので さらにいっそう気を付けようと 思いました。

これが 中々 難しいんですけどね・・・(p´∀`;l|i)

ひなたが ストレスになってるのかな?

だとしたら どうしたらいいものか。









IMG_3959.jpg

ひなたは ほぼ ころんと同じくらい成長したのに いまだに 体をひっつけてくるのが 大好きみたい。









IMG_3960.jpg

まだまだ 赤ちゃんオーラ 放しちゅうです。



この週末は 晴れた気持ちで 気分転換出来ればなぁ・・・って 思ってます。



しかし 土曜日は 雨模様・・・? |壁|ョз・。)



長い日記を 読んでくれて ありがとうございました。 ころんに 頑張れって 言ってくれて ありがとうございました。




【 2011/04/21 】 .。.:*☆痛いこと | TB(-) | CM(30)

吐血と下血

15日の 前回の日記で 「 ころんが いっぱい吐いて ぐったりしたので 病院で 点滴と 注射をしました。 」 と 書いて 終わりました。



その 1時間半後 ころんが 大量に吐血をしました。



そして 下血までしました。



吐血の量は あたしの 両手の手のひらを いっぱいに ひろげて「 パー 」をした 大きさ程 吐血したの。



マミーはね 目の前が 真っ暗になりました。



そして 寝てる時に よだれを 垂らす事なんて 今までなかったのに 垂らしてるの。



その よだれは どろ~んと 切れない 粘液性なの。どこまでも 切れないの。



次の日まで ぐったりのままでした。



夕方 吐血と 下血の事を言い 吐血した物と 血の うんぽを 検査してもらい 先生に聞いたところ なんとも よく分からない 不安をあおるだけの 回答。



「 胆汁が・・・ 」 とか 「 ストレスが・・・ 」 とか 「 ガンではないとは 言いきれない 」 とか。



言うだけ言って 「 そのまま 様子を見てみましょう 」 とか・・・。



 「 へ・・・? 様子を見てるだけ? 」



だっ・・・だいじょうぶだよ ころん!!









IMG_3945.jpg

翌日の16日 ちょっと お顔を あげたのよ。



窓を開けたら お外の空気を くんくん 吸ってたんだよ。



そして 17日の日曜日 ころんを抱えて 近くにある ペットの神社に お参りをしてきたよ。


IMG_3956.jpg


ここは 数年前にも お参りにきたよ。



やっぱり ころんに何か あった時だったっけ・・・なんだったっけかな・・・ありすぎて 分からない。 う~んと・・・え~っと・・・アメーバーブログのどっかに 書いてるはずだけど 探せない いい加減なわち |ョ゚ё゚*)ジーー・・・









IMG_3954.jpg



向かって 左が ころん。 右が ひなた。



この中には 色んな ワンコちゃんのお写真が 飾られてありました。 ポメちゃんも いました。


ころんの 悪い所を、 痛い所を、 ひなたが 健康でいられる事を、 みんなのワンコちゃんの健康を、 被災地のペットちゃんや  牛さんの事を、 家族と離ればなれになったペットちゃん達の事を、 津波で亡くなってしまったペットちゃんの事を  お祈りしてきた。









IMG_3922.jpg

金曜日は ころんに ずっと ついててあげたかったので 兄ちゃんに バイトを休んでもらい ひなたの 面倒を お願いしたの。









IMG_3924.jpg

ひなたの あんよは 一時的なもんだと あたしも 思う ヽ(・∀・)ノ



だからと言って 骨がまだ形成中の 1才未満なので 注意をしてあげてないと ころんのようになっちゃうから 大はしゃぎは なるだけ させないようにね ヾ(;´▽`A``









IMG_3923.jpg

眠たいときは 勝手に クレートに入って ねむねむしちゃう ひなたです。



せっかく 子守唄 うたったげようと思ったのに 必要ないみたい(笑)









IMG_3962.jpg

日曜の夜 やっぱり こんなです。



吐血は 止まったけど 血のうんぽは まだ 出てるの。



マミーの ガラスのハートは 金曜日に 粉々に 砕けちったので このままじゃ いかんので セロテープ アロン○ルファで くっつけて 頑張るのだ!



しっかりと 検査をしてもらおうと 思います。



【 2011/04/18 】 .。.:*☆痛いこと | TB(-) | CM(24)
+++うちの子+++
*おさんぽかけっこ大好き。
*とてつもないヤキモチ妬き。
*さみしんぼであまえんぼ。
*4才に股関節切除。
*びびりんぼ。
*おそとがこわい。
*表紙のわんこもこわい。
*パピーがいちばん好き。
+++コメント+++
<>+-


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。